HOME>トピックス>皆が気持ちよく生活するために必要な家のこと

目次

収納スペースの場所

神奈川で注文住宅を建てる上で重要なのが収納スペースです。面積をどうすればいいのかきちんと考えましょう。土地や人数を考慮して複数の場所に分けた方が便利です。場所は使用する頻度で決めます。部屋の備え付けの収納には高い頻度で使うもの、低ければ納戸や屋根裏に構えてください。ジャンルを分けるとさらに決めやすいです。人数が多いなら皆で共有するウォークインクロゼットも候補に入ります。最近では家を吹き抜けにしている場合も多いです。昼間の空間を明るくしてくれますが、必ずしも吹き抜けが必要とは限りません。天井が高いため、夜の室内は暗くなります。エアコンの風も届きにくいので夏や冬はつらいかもしれません。光熱費が無駄にかかれば効率が悪くなってしまいます。デメリットもしっかり理解して検討しましょう。

細かい部分もチェック

神奈川の注文住宅の設計で見落としがちなのがコンセントの配置です。動線や設置する家電の場所をイメージして、コンセントの配置を決めましょう。図面に家具やコンセントの配置を書いておくと失敗がありません。廊下・階段・玄関なども見落とさないようにしましょう。例えば料理を作るのが好きな人なら多めの方が良いでしょう。

間取りは使い勝手も考える

神奈川で注文住宅を建てるならオシャレにしたい人も多いかもしれません。例えば狭い土地でも空間が広く見える間取りは可能です。広くはなりますが冷暖房効率は悪いです。2階にリビングを作ることもできます。しかしこれでは年齢を重ねた時に階段の上り下りが負担となります。防犯面にも気を付けましょう。天窓も人気ですが掃除が大変です。オシャレだけでなく使い勝手もきちんと考えてください。